パーマ液の反応を妨げまるこいつの正体




パーマ液や、カラー剤、トリートメントなどの商材は全て髪の内部に浸透させて反応させるもの。

しかし、髪の表面を何かが覆っていたりコーティングされてたら?

浸透しません。(汗)

市販のシャンプーやトリートメントもコーティング系は未だに存在します。

しかし、市販のカラー剤の中で酸性カラーもコーティング系の一つって事を忘れてはなりません。

酸性カラーをされている髪にパーマ液をかけるとカラー剤が溶解され、手は染まります。

この酸性カラー!マイナスイオン水を使い削除するとこんなに色落ちします。

  
 
その後、酸性カラーを落とした髪にシャワーをかけ、髪表面に残っている酸性カラーカラー剤を流してもこれくらいカラー剤が落ちてきめす。

   
 

市販のカラー剤は塩基性カラー剤とも言いますが、パーマをかける時には気をつけたいものです。、

 

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」に勤務。 nature店 店長/統括マネージャーとして日々のサロンワークに従事。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、しっかりとお話を聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。