美容師はもっとヘアカラーの魅力を伝えるべきではないか?




お客様とのカウンセリングの経験を通して気が付いた事。それは、

「ヘアカラーは明るくするか、暗くするかしか考えていないお客様が多い」事実が判明!

そう!ヘアカラーは明るい、暗いの他にも色味であったり鮮やかさであったり、陰影であったりと様々な要素で似合うヘアカラーデザインが出来上がります。

下のカラーチャートはほんの一部です。。

しかし、新規のお客様にカウンセリング時にカラーチェンジをお勧めすると、「明るくなるんですか?派手になりませんか?」といった不安を聞きます。

カラーチェンジ=派手になる

このような誤解をお持ちのお客様が、世の中にはまだまだたくさんいらっしゃる現実。

美容師さんはお客様に対してどんなカラーカウンセリングしてるんだ?と苛立ちすら覚えます。

メーカーさんにお聞きしたところ、

1番多い出荷量のカラー剤は、「NB ニュートラルブラウン」だそうです。

自然なブラウンって事ですね。確かに自然で綺麗な色です。しかし数百種類あるプロフェッショナルカラー剤を単一色しか提案しないのはお金もらえないでしょう?ニュートラルブラウンがダメと言っているわけではありません。お客様がカラーリングの楽しみ方を美容師サイドから提案されず、結果的にニュートラルブラウンの出荷量が最大になってるのがダメなんです。

僕は白髪染めのお客様にもアグレッシブにカラー提案はさせていただいてます。

仕上がりはファッションカラーなのか、白髪染めなのか見分けがつかない仕上がりです。

最近のお勧めは、グレージュ系とブルーアッシュ!


こちらの方は一応白髪染め。綺麗に高発色してますね。グレージュ系です。

こちらはブルーアッシュ系。白髪染めとは思えない柔らかい発色

多分、ニュートラルブラウンはほとんど使ってない気がする(笑)

僕が担当させていただいているお客様は、カラーリングを楽しんでいただけていると僕は感じています。

鈴鹿市の平均年齢が約43歳くらい。

白髪染をら気される方も多く、悩んでらっしゃるはず。

けれどオシャレは、楽しみたい。

プロフェッショナルヘアカラーは、白髪だろうが、黒髪だろうが関係なく肌に合うカラーリングや、雰囲気を変えるカラーリングを楽しめます。

ほんと、カラー剤の進化は凄い!

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」に勤務。 nature店 店長/統括マネージャーとして日々のサロンワークに従事。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、しっかりとお話を聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。