EOS M5で撮るモノクロームの世界




一年ぶりに古巣でもあり、修行場所のサロンの忘年会へ参加させてもらうのも含め、上京。

今回は、愛機でもあるEOS M5 +11-22mmを連れ、モノクロームでの撮影を楽しみました。

色がないから浮かび上がるモノクローム独自の世界観

最近のインスタブームでは、可愛い、綺麗、などの写真が多いですが、もしもですよ、

世界から色がなくなったら、

白と黒で表現されたら、

ファインダー越しの被写体をどのように感じるのかな?

モノクロームになると浮かび上がる、被写体のシルエットと光のシルエット

色が無くなり、白と黒の世界では2つのシルエットがとてもハッキリと浮かび上がります。

  1. 被写体のシルエット
  2. 光のシルエット

色のある世界でも被写体のシルエットは存在しますが、

光のシルエットに関してはモノクロームの世界のがハッキリと表現されます。

電話ボックスで電話するサンタクロース

電飾越しに屋上から見下ろす原宿の交差点

横断歩道と足早に歩く人

鏡面する世界

隠れ家的、男のBAR

シルエットを感じたければモノクロームの世界は楽しい

色が無くなり、ファインダーの情報が光とシルエット、構図の3つに集約されると本当にシンプルに伝えたいものが見えるし、

色がなくなる事で、今まで気がつかなかった事を感じる事が出来ます。

モノクロームの世界にハマりそうです。

あと東京は被写体が多くて困らない^_^

鈴鹿でもモノクロームの世界を楽しんでみようと思う

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」代表。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、ゲストの希望、悩みを聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。