40代〜60代の明るい白髪染めはツヤ感が決めて




毎月、フルカラーをしていただいてるお客様です。

毎月フルカラーして、髪はダメージしないかって??

ダメージさせません。!

カラーリングで髪をダメージさせない処理って

根元のカラーと、毛先のダメージ部分に対するカラーのパワーバランスを適切に選定すれば、ダメージを感じるどころか、ツヤツヤ感と、手触り感がアップしていきます。

もちろん、カラーリング前には「ナノアミノDCTL」を使用し、毛髪内部をしっかりと補修した上でカラー施術を行います。

「ナノアミノDCTL」は、カラーリング前の栄養補給、カラー中の栄養補給、シャンプー直前の栄養補給をシステム化した毛髪処理システム。いわゆる病院で手術などをする際の、「輸血」的なものでしょうか。輸血しながら手術しなかったらイメージ的に、出血多量で身体が持たないですよね。こんな感じのことをカラーリング中にも行うわけです。

だから、カラーリングが終了しても、髪が疲れていない。そんなシステムです。

使用したカラー材はこちら!

根元 オルディーブクリスタル C7-15 + OXY 6%

毛先部分 オルディーブクリスタル ノンアルカリ

C11-15/n + C11-CB/n  3:1   + OXY 3%

カラーの仕上がりがこちら

毎月カラーリングしている髪のツヤとは思えません。っていうか、僕のなかではこれがいたって普通。

ちゃんと毛髪処理をしてカラーリングもパワーバランスをしっかりとって、カラーリングを行えば結果はこうなるんです。

これから、綺麗で素敵な大人女性が増えていくのは確実ですね

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」に勤務。 nature店 店長/統括マネージャーとして日々のサロンワークに従事。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、しっかりとお話を聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。