ミドルトーンのカラーでも色味と透明感は楽しめます




ヘアカラーの調合は色んな意味をこめてやってます

U様いつもありがとうございます。

今回は、トーンアップ?トーンダウン?のどちらかわかりづらいゴール設定のカラーを紹介します。

90%近いお客様がヘアカラーのオーダーをこのように伝えてられます。

  • 前よりは少しだけ明るく
  • 前より少し暗くしたい

ざっくり言うとこの二つのオーダーが多い気がします。

お客様とのカウンセリングは、お客様とのボタンの掛け違いをなくすための大切な面談

今回はスマホで仕上がり画像の共有もさせて頂きましたが、かなり明るい髪色のの画像でした。

しかしご本人はそれ程明るいカラーという認識がありませんでした。

カウンセリングの結果、

  • ミドルトーンで透明感ある仕上がり
  • ミドルトーンで彩度高めの仕上がり

この二点に落ち着きました。

今回の透明感あるミドルトーンレシピはこちら

前回のアンダートーンの明るさを活かしたカラーをするため、今回のレシピはこちら!

MILBON オルディーブ

新生部

9mNV+11nKH+C-8MT. 1:1:1

6%

毛先

9mNV/H +8nKH/H+C8MT. 1:1:1

4.5%

毛先のアンダートーンが11レベルあたりでしたが、今回はブラウンミックスは一切せずに、ティント系の色味のみでカラーする事で、透明感と、色味をしっかり出しました。

カラーリングの仕上がりはこちらです。

カラーリングは、

  • 仕上がりの明るさ
  • 仕上がりの色味
  • 色の深みが欲しい?
  • 色の透明感が欲しい?
  • ツヤ感重視する?
  • 色持ち重視する?

他にもいろいろありますが、色んな角度からゴールを設定してカラーミックスをすます。

お客様目線の要望と、プロ目線の判断と提案でサロンカラーは仕上がりますよ!

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」代表。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、ゲストの希望、悩みを聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。