中学生の職業体験を終えて感じる事が多かったな




中学生の職業体験を受け入れるようになって、6年くらい経つかな?

毎年色んな中学生が職業体験にきてくれます。

こちらとしても、中学生と一緒に働くなんていう体験は年に一回。この期間だけ。結構、貴重な体験させてもらぅてるんです。

今年の体験学習に参加した中学生に課した課題!

  1. 挨拶
  2. 返事
  3. 元気よく

そう!たったこれだけ!この3つが出来なかったら注意するから!と中学生に告げて、体験学習をスタートさせた。

なんで、この3つの課題を課したか?って?

どんな職業に就いても必要だと思うから。

それに意外と大人でも出来ていないケースがあると思ったから。

ただ、楽しいだけの体験学習ならうちは受け入れないし、何か少しでも変わるきっかけになればと思い、生徒さんを受け入れています。

まぁ、案の定。

声小さい、元気ない、返事聞こえない。

緊張してるからしょうがないんやけれど、体験学習が終わるまでの3日間で、どれだけ変化させてあげられるか?こちらもまた、責任重大なのです。

挨拶

返事

元気よく

これに対しての評価は、

一対一の対面コミニケーションだとうまく出来ている。

けれど、「いらっしゃいませ」などの、全体に聞こえるような内容になると、出来なくなる。

恥ずかしさかなとも感じられた。

けれど、3日目には少しづつ慣れ、こちらも少し安心できる場面も確認でき、ひとまず安心。

後日こんなものを、学校の先生からいただきました。

学校新聞。

体験学習の事を参加してくれた中学生が記事にしてくれていました。

嬉しいですね。

また、来年はどんな子が来るのか楽しみです。

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」代表。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、ゲストの希望、悩みを聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。