【ヘアカラー】何故か、夏はアッシュ系に惹かれてしまう




 僕の好きな質感の一つが、ツヤ感。

ツヤ感がないと、どうしても女性っぽく感じなくなってしまう気がしてしまう。(イメージ優先の作品やコンテストは別ですが)

お客様に提案する上でツヤ感はなくてはならない最重要質感かなって決めてます。しかし、10年ほど前のヘアカラーといえばアッシュ系はパサついて見える、退色してくると黄色くなってしまう。

僕の嫌いな要素が満載でした。だから、当時はアッシュ系を提案することは少なく、ツヤ感が表現しやすいブラウン系、ピンク系、カッバー系、そうです。暖色系が大好きでした。

しかし、現在はアッシュを提案している僕がいる。

作品を見ていただければわかると思いますが、現代のアッシュ系はツヤ感ありすぎます。

だからアッシュ系!好きになりました。

質感までも表現できる最新のカラー剤。

やっぱり美容は日進月歩の、世界です。
 

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」代表。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、ゲストの希望、悩みを聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。