どうやって成長し続けるのか??




最近考える。

  1. 毎日普通にサロンワークをし、定時で帰宅。そして、それの繰り返し。
  2. 毎日普通にサロンワークをし、営業時間内に時間活用しトレーニング、SNS発信、掃除に接客。
  3. 毎日普通にサロンワークをし、営業時間内に時間活用しトレーニング、SNS発信、掃除に接客、夜は集中的に課題に向き合い苦手なことの克服にあてる自分への投資の時間を作っている人。

この3点、多分「1」が世の中がクリーンと認める働き方であり、ベストなのかもしれない。

しかし、「2」を行えばより良い時間を過ごせるし、効率よく前進できる可能性がある。

じゃ、「3」はどうか?世間一般でいうとこのブラック企業??というやつ。でしょうか?

ここで大事なのは、お客様からみたサロンであり、美容師として「ブラック」と映るか、ホワイトと映るか?

何でも失敗なく問題なく、言われたことが100%以上確実に達成されるなら「[1」がベスト。

しかし、成長が感じられない、失敗ばかり、しかめっ面、接客も悪い。トレンドも勉強していない。そんな美容師はお客様から見て健全と言えるのか?

持論ですが、他の業種の方々で個人の能力に仕事の成果がフィーカスされている方々から比べると、「楽で楽しい職業」としか思えない今日この頃です。

正解は一つでない、昨今。

どうあるべきか?美容室、美容師の本質に帰り考える必要もあるのかもしれません。

お客様に選べれて「美容師」という職業が成立します。

昔こんなこと聞いたな。

「芸術家って職業はないんです。芸大を卒業して、私、芸術家です!って言ってしまえば芸術家何です。しかし、世間は芸術家と認めるかはわかりませんが?」

美容師も同じことが言えると思います。

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」に勤務。 nature店 店長/統括マネージャーとして日々のサロンワークに従事。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、しっかりとお話を聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。