カットが上達するには、必ずお客様からのフィードバックが必要やんなと感じた夜




久しぶりにカットしてもらった。何ヶ月ぶり?多分、2ヶ月半は経ってる(笑)

ビフォア

モサモサ過ぎて非常にダメな状態ですね。ヘアセットしても一日持ちません(笑)

今日もお願いするのは、この人!WAVEの隠し球(笑)

福ちゃん

WAVE福ちゃんのカットスタート

手つきが前回よりもスムーズ。

果たして、38歳のオヤジを若くする事は可能なのか?

カット前

カット後

合格ですね!

若返りました。

けど丸い顔が出すぎやな(笑)

そう、何でも上達するには相手からのフィードバックが必要

福ちゃんには、かれこれ何度も練習としてカットしてもらってます。初めは何度も説教じみたことを言いながら、ハッキリ言って下手くそ。

ただ、同じ人のヘアスタイルを何度もカットすることで、一つの骨格、髪の癖、そしてその人の好みや、普段のスタイリング時の状態を聞くことができ、毎回カットするときに改善することができます。さらに先輩美容師からのフィードバックですから、なおのこと厳し目のフィードバックが返ってきます。

ただ、お客様はここまでハッキリと細かくフィードバックしてれません。気に入らなければ再来店しないし、悪い噂だけが流れます。

だから、相手からのフィードバックとは怒られてるとか、注意されてるとかでな、相手に期待してるからこそ発せられる心の叫びであり、本当の意味でのヘアスタイルオーダーなんです。

細かなヘアスタイルの注文が多いお客様。実は有難い存在なのです。

つまり、お客様でも事細かな事を毎回言っていただけるお客様って実は上顧客。それに対して、応え続ければ、生涯顧客にだってなるだろうし、オンリーワンの美容師にもならなれる。

お客様からの悩みや細かな注文は、美容師にとっての最高の学びの場

だから、たくさん悩みや細かな注文をして下さい。

それはお客様も美容師も、双方が良くなり成長していくために必要な事だから。

ヘアスタイルは、美容師とお客様が共に作り上げるコラボレーション作品なんです。

よろしくお願いします

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」代表。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、ゲストの希望、悩みを聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。