グレイカラー+ハイライトをダメージレスでデザインする方法




オシャレを楽しむのは自由。グレイカラーこそオリジナリティを追求すべき

H様。いつもありがとうございます。

今回は、パーマ、カラー、カット、トリートメントのフルコース。

そして、髪が傷んでもいいからハイライトを入れて欲しい。

そんな無茶振りオーダーをそのまま「ハイ」とは言えず、「ダメージレスで実現します」と宣言。

けど今の美容技術と毛髪科学を理解してデザインすれば可能なんです。

パーマ液は1分放置のクリープパーマ

使用アイテム

パーマ液:「ルシケア」

プレ処理:「ナノアミノ D-CTL ITSシリーズ」

プレ処理をしっかりとした後に、ワイディングします。

ルシケア1液を塗布→1分15秒放置

中間水洗

ナノアミノD-CTL ITS R-2 ,3を全体に塗布

遠赤外線で15分加温。

2液塗布。

ホームカラーの履歴もあるため、1液の放置タイムは1分15秒。

しかし、そのあとの中間処理をしっかりと行うことでダメージレスなカールは実現します。

実際、パーマ後の手触りのがよくなります。

そしてブリーチハイライト+ハイトーングレイカラー

使用アイテム

ミルボンオルディーブクリスタル

根元:C7-Ggb+C-6CB 1:1 6%

毛先:C9-Ggb/n+9CB/H+C0CL/n+C8MT 3%

ハイライト:アディクシーハイブリーチ 6%2.5倍

トナー:ルベルロコル ライトグレージュブラウン

まず、アディクシーハイブリーチ 6%2.5倍を使用し、スライシングを4パネルとります。

その後、根元C7-Ggb+C-6CB 1:1 6%を塗布し、そのまま毛先:C9-Ggb/n+9CB/H+C0CL/n+C8MT 3%を塗布。

30分の自然放置します。

発色を確認後、ノアミノD-CTL ITS C-2+3を塗布し5分放置後シャンプーします。

1シャンプー後、ルベルロコル ライトグレージュブラウンを20g塗布し5分放置。シャンプーします。

最後に塩基性カラーでトナーすることで、手触りとツヤ感、ハイライト部分のギラつきを抑え、上品かつツヤ感もあり、デザイン性を引き立てる仕上がりになります。

今回、ホームカラー毛+ブリーチハイライトの履歴あり。というゲストの髪でしたが、しっかりと毛髪処理をおこない、薬剤の特性もしっかりと理解しながら施術をすれば、パーア+カラー(ハイライト付き)も可能です。

ありがとうございました。

[`yahoo` not found]
LINEで送る




ABOUTこの記事をかいた人

長島 周平

鈴鹿市にあるヘアサロン「WAVE」「nature」代表。 ヘアスタイルの悩みに対しては、ゲストのライフスタイルを一番に考え、ゲストの希望、悩みを聴いた上で様々な視点からアドバイスさせていただきます。 より楽しい、「Hair Life」を過ごしていただくために、素敵なヘアスタイル創ります! 趣味は、ドライブ 旅行 カメラ。 モットーは!常に最新・最高を! 美容師として関わる全てのHair Life をこのサイトに記録しています。